January 15, 2020 / 10:58 PM / 3 days ago

今日の株式見通し=小反発、「第1段階」無難通過 上値は重い

[東京 16日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は小反発が想定されている。前日の米国株式市場では、米中による「第1段階」の通商合意の署名を好感し、主要3指数が上昇。日経平均も流れを引き継ぐ展開となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3800円─2万4000円。

15日の米国株式市場は上昇、ダウ工業株30種.DJIが初めて2万9000ドル台に乗せ、S&P総合500種.SPXも終値ベースで最高値を更新した。米中両国が貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名し、1年以上にわたって市場を揺るがしてきた関税合戦の終結に向け取り組む姿勢を表明したことが市場に安心感を与えた。

日経平均は米国株高を好感し小反発で寄り付いた後は、もみあいとなる見通し。シカゴ日経平均先物は前日の終値を小幅に上回る水準で引けており、為替のドル/円は前日の午後3時時点からほぼ同水準の1ドル109.90円台で推移している。12月17日に付けた昨年来高値2万4091円12銭を更新するにはやや材料不足だ。

市場からは「米中の通商合意署名は内容も含めて想定通りの結果だった。米国株高を好感し小高くスタートするものの、積極的に上値を追う展開にはならないだろう。市場は次の材料待ちで、目線は企業の決算発表。合意署名を見込んだ業績見通しに注目している」(SMBC日興証券・投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

主なスケジュールとしては、国内で11月機械受注(内閣府)、米国でフィラデルフィア地区連銀業況指数などの発表が予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      23916.58 24091.12 19241.37

-108.59 2019年12月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 23935(円建て)

*内容を追加しました。

佐古田麻優

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below