April 15, 2019 / 11:10 PM / 5 days ago

今日の株式見通し=小動き、為替や日米通商協議の動向にらんだ売買

[東京 16日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小動きとなりそうだ。外部環境面で大きな変化がなく手掛かり材料に欠ける中、為替や日米通商協議の動向などをにらんだ売買が見込まれる。日経平均は前日大幅高の反動で利益確定売りに押される可能性もあるが、欧米市場が底堅い地合いを維持していることから、大きな下落は想定しにくい。

日経平均の予想レンジは2万2000円─2万2200円。

15日の米国株市場は、ゴールドマン・サックス(GS.N)やシティグループ(C.N)のさえない決算が投資意欲を抑え、主要3指数がいずれも小幅安となった。為替はシカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万2145円。大阪取引所の夜間終値は2万2140円と現物指数の前日終値を若干下回った。東京市場でも朝方は同水準を意識し、やや売り優勢で始まりそうだ。

欧米市場でのリスク選好の流れを引き継ぎ、日経平均は前日に2万2000円台を回復したが、市場では「先物買いが裁定買いを誘って上昇した面もあり、反動は出やすい。決算発表の本格化を控えていることも考えれば上値は買いにくい」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)とみられている。ワシントンで開かれている日米通商交渉は初日の協議を終えた。途中経過に関する報道や為替の反応次第では株価にも影響を与える可能性がある。

主なスケジュールは、4月独ZEW景気期待指数、3月米鉱工業生産が発表される。米国でIBM、ネットフリックスなどが決算発表を予定している。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22169.11 21900.55 19241.37

+298.55 2019年4月8日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 22145(円建て)

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below