February 18, 2019 / 11:11 PM / in a month

今日の株式見通し=弱もちあい、材料難のなか利益確定売りこなす展開

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいとなりそうだ。日本株は大幅高した後で利益確定売りが出やすい。前日の米国株市場が休場で手掛かり材料にも欠けるが、世界的な株価回復傾向が続く中で、下値も限られそうだ。取引時間中は為替やアジア市場をにらみ一進一退の値動きが予想される。

日経平均の予想レンジは2万1100円─2万1400円。

前日の米国株市場はプレジデンツデーのため休場。欧州株は総じて堅調だった。為替は1ドル110円台半ばで落ち着いた推移となっている。大阪取引所の夜間終値は2万1230円と現物市場の前日終値を若干下回っている。朝方は同水準を意識し、やや売り優勢でのスタートとなりそうだ。

米中通商協議の進展期待で投資家心理が改善し、世界的にリスクオンムードが広がりつつある。市場では「前日の日経平均が商いを伴わない大幅高だったことで、朝方は上昇一服になりそうだが、悪材料が出なければ下値も限定的だろう。海外情報には神経質とならざるを得ないが、基本的にはレンジ内の動きが想定される」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、1月マンション発売動向(不動産経済研究所)が発表される。海外では2月独ZEW景気期待指数が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21281.85 24448.07 18948.58

+381.22 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物3月限 休場

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below