Reuters logo
今日の株式見通し=もみ合い、FOMC結果発表前で様子見ムード
2017年9月19日 / 22:52 / 1ヶ月前

今日の株式見通し=もみ合い、FOMC結果発表前で様子見ムード

[東京 20日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価はもみ合うと予想されている。前日の米株は小幅高、為替もドル高・円安傾向が続いている。ただ、日経平均は前日2万円台を回復し、年初来高値を更新した。大台回復の達成感や連騰後の買い疲れ感で利益確定売りが出やすい地合いとなる見通し。今晩に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、徐々に様子見姿勢が強まると想定される。

日経平均の予想レンジは2万0200円─2万0400円。

19日の米国株式市場で主要3指数がそろって小幅高となり、終値ベースの最高値をそれぞれ更新した。FOMCが始まり、会合後の声明が注目される中、金融株が上昇して相場全体を押し上げた。

外為市場でドル/円JPY=は111円台半ばで推移しており、昨日の午後3時時点より30銭ほど円高に振れているが、円安基調は継続している。シカゴ日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万0150円、大阪取引所の夜間終値は2万0130円となっている。いずれも前日の現物株の終値を下回っており、全体相場は安寄りする可能性が大きい。

FOMCでは、バランスシートの縮小開始時期が発表されることは織り込み済みだ。焦点は追加利上げが12月に行われるかどうかで、会合後の声明やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見に注目が集まる。

日経平均は昨日までの2営業日で500円近く急騰しており、上値は利益確定売りに押されるだろう。SBI証券客員マーケットアナリストの藤本誠之氏は「週後半から始まる東京ゲームショウを前に、任天堂(7974.T)などゲーム関連が賑わいを見せている。きょうもこの流れが続くかどうかが重要だ」と話している。

きょうは国内では日銀金融政策決定会合が21日までの日程で開催される。ニーズウェル(3992.T)がジャスダック市場に新規上場する。海外では安倍首相が国連総会で一般討論演説を行う。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20299.38 20320.78 18224.68

+389.88 2017年9月19日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物12月限 20150(円建て)

*内容を追加しました。

辻茉莉花

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below