November 19, 2018 / 10:55 PM / 21 days ago

今日の株式見通し=反落、米株大幅安を嫌気し売り先行

[東京 20日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落となりそうだ。前日の米国株が大幅安となった流れを引き継ぎ、主力株中心に売りが先行するとみられる。米ハイテク企業の収益鈍化や米中貿易摩擦を巡る懸念が相場の重しになる。強含みの円相場も警戒されそうだ。売り一巡後は先物主導で荒い値動きになることも予想される。

日経平均の予想レンジは2万1400円─2万1800円。

前日の米国株市場は、ダウ工業株30種が395ドル安、ナスダックが約3%安と大幅に下落した。アップル(AAPL.O)など長期にわたり強気相場をけん引してきた銘柄を巡り不安が広がった。米中貿易摩擦を巡る懸念も相場の重しとなった。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1590円。大阪取引所の夜間終値は2万1600円と現物指数の前日終値を下回っている。寄り付きは同水準を意識し売りが先行するとみられる。

米国市場ではアップル関連銘柄だけでなく、インターネット関連大手で構成する「FANG」銘柄など、他の高成長株も売り込まれていることから、東京市場でもハイテク・IT関連銘柄に幅広く売りが出る可能性がある。また、東京地検特捜部が19日、日産自動車(7201.T)会長のカルロス・ゴーン容疑者を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕したことで日産株の下落が予想される。

市場では「ゴーン容疑者の逮捕は日産株だけでなく、全体的にも心理面でネガティブな影響を与えそうだ。一方、東京市場では足元で内需中心に個別物色の動きもみられる。日経平均が大きく崩れるとはみていない」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、10月米住宅着工件数が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21821.16 24448.07 20347.49

+140.82 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21590(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below