December 20, 2018 / 10:40 PM / a month ago

今日の株式見通し=上値重い、米株安・円高が投資家心理圧迫

[東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値が重い展開となりそうだ。前日の米国株市場で主要3指数が続落。為替が111円前半と円高方向に振れていることも投資家心理を圧迫する。前日までの売られ過ぎの反動から反発する可能性もあるが、3連休前で買い材料に乏しいこともあり、戻りは限定的になるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万0300円─2万0500円。

前日の米国株市場では、米連邦準備理事会(FRB)の追加利上げとバランスシート縮小計画の継続による景気減速が懸念された。ダウ、ナスダック総合、S&P総合500がそろって1%超下落となった。S&Pの主要11セクターは公益事業を除いて全て下落。原油価格が大幅安となったことを受け、エネルギー株が2.8%下落。このほか情報技術や一般消費財の下げが目立った。

日経平均先物3月限は、大阪取引所の夜間終値が2万0270円。シカゴ・マーカンタイル取引所の清算値(円建て)は2万0345円。3月限のSQ日までの間の配当落ち分の影響を考慮すれば、日経平均は前日終値と横ばい圏で始まりそうだ。

テクニカル的に売られ過ぎを示すサインも出ており、短期的なリバウンドが期待できる。「それほど大きく下がることはなさそうだ。様子を見ながら買い戻す流れになると思うが、個人投資家も痛んでおり、地合いはよくない」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

きょうは11月全国消費者物価指数の発表がある。EduLab(4427.T) 、自律制御システム研究所 (6232.T)、ポート(7047.T) 、テノ.ホールディングス(7037.T)がそれぞれマザーズに新規上場する。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20392.58 24448.07 20282.93

-595.34 2018年10月2日 2018年12月20日

シカゴ日経平均先物3月限 20345(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below