January 21, 2018 / 11:02 PM / a year ago

今日の株式見通し=もみ合い、米議会の動向にらみ様子見姿勢

[東京 22日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価はもみ合いとなりそうだ。米政府機関の一部閉鎖による市場への影響は限定的とみられるが、つなぎ予算を巡る米議会の審議を見極めたいとして様子見姿勢が広がると予想される。

きょうから日銀の金融政策決定会合が始まり、23日には黒田総裁の会見を控えている。日本株は方向感の出にくい中、好業績が期待される銘柄の個別物色が中心となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3700円─2万3900円。

前週末の米国株市場は、米政府機関閉鎖が懸念される中、消費関連株が上昇を主導し、主要3指数が上昇した。為替は1ドル110円台後半とやや円高基調で推移。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万3835円、大阪取引所の夜間終値は2万3820円だった。週明けの東京市場は同水準を意識して横ばい圏で始まりそうだ。

米連邦予算の失効による政府機関の一部閉鎖を受け、今晩の米国株市場の動向が気がかりだが、市場では「海外要因に過剰反応する傾向がある東京市場でも、さすがに学習効果が働くだろう。株価が下落しても一時的とみている。とはいえ、黒田日銀総裁の会見を明日に控え、あえて動く必要もない。きょうは国内の気象要因もあり、売買は盛り上がりに欠ける展開だろう」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ている。つなぎ予算の採決など米議会で進展があれば、午後の金融市場に影響を与える可能性もあるが、大きな方向感は出にくい相場展開が見込まれる。

主なスケジュールは、12月首都圏マンション発売、12月コンビニ売上高などが発表される。海外では12月米シカゴ連銀全米活動指数が発表される

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      23808.06 24084.42 18224.68

+44.69 2018年1月18日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 23835(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below