February 22, 2018 / 10:50 PM / 8 months ago

今日の株式見通し=軟調もみ合い、円高が重し 投機筋の売り警戒

[東京 23日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調もみ合いの地合いが想定される。前日の米株価指数はまちまちの動きとなった一方、為替は円高気味に推移しており、日本株の重しになりそうだ。米国株や為替の動向を意識しつつ、海外投機筋による売り仕掛けへの警戒感もくすぶる。

日経平均の予想レンジは2万1500円─2万1900円。

前日の米国株は、序盤に米金利の低下を受けて主要株価指数がそろって反発したが、終盤にかけて金利上昇への警戒感から値幅を削った。ダウ工業株30種とS&P総合500種が3日ぶりに反発して取引を終えた一方、ナスダック総合は小安く終えた。日経平均先物3月限は大阪取引所の夜間終値が2万1690円。シカゴの清算値(円建て)が2万1710円で、前日終値に比べて小安い水準となった。

日経平均は序盤に前日終値付近でのもみ合いが見込まれるが、底堅い動きとなれば、日銀の上場投資信託(ETF)買いへの思惑が高まりにくく、投機筋による売り仕掛けが出やすいとの見方もある。為替は1ドル106円台後半で円高気味に推移している。市場では「米株は前場に高く後場に安くなる展開が数日続いている。こうした中で、リスクオフ的に円高となっている面もあり、日本株にとってあまり良い状態とは言えない」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との見方が示されていた。

主なスケジュールとしては、日本で1月全国消費者物価指数(CPI)の発表がある。海外では、ユーロ圏1月消費者物価指数改定値などの発表があるほか、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁のパネル討論参加など、地区連銀総裁による発言の機会が複数予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21736.44 24129.34 18224.68

-234.37 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 21710(円建て)

*内容を追加しました。

平田紀之

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below