June 24, 2018 / 10:53 PM / a month ago

今日の株式見通し=横ばい圏、貿易摩擦に警戒感 良好な需給は支え

[東京 25日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は横ばい圏での推移が見込まれる。前週末の米国株がまちまちで為替も大きな変動はなく、外部環境面での手掛かり材料は乏しい。引き続き米中貿易摩擦への懸念も重しとなる。一方、6月最終週の需給は良好との経験則があり、突発的な悪材料がなければ下値も堅いと予想される。

日経平均の予想レンジは2万2300円─2万2700円。

22日の米国株市場は、エネルギー株の上昇を追い風にダウ工業株30種が9営業日ぶりに反発。一方、ハイテク株に売りが出たことでナスダック総合は続落となり、まちまちだった。為替も小動きにとどまっている。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は2万2500円、大阪取引所の夜間終値は2万2490円だった。週明けの東京市場は同水準を意識し、穏やかなスタートが見込まれる。

米国の通商政策に対する警戒感が根強く、リスク選好の動きは出にくいものの、良好な需給は支えになるとみられている。3月期決算企業の配当金支払いが集中する時期であり、個人中心に資金的な余力が高まっている。また、6月期決算企業の配当権利付き最終売買日を26日に控え、配当取りを狙う買いも入りやすい。市場では「6月最終週は海外の機関投資家も株価を意識して動く傾向がある。波乱要因がなければ、しっかりの展開も見込める」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、日銀金融政策決定会合における主な意見(6月14・15日分)が公表されるほか、高島屋(8233.T)が3―5月期決算を発表する。 海外では5月米シカゴ連銀全米活動指数、5月米新築住宅販売件数(商務省)が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22516.83 24129.34 20347.49

-176.21 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22500(円建て)

内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below