March 25, 2019 / 10:52 PM / 6 months ago

今日の株式見通し=反発、米株下げ止まりで不安心理後退 大幅安の反動も

[東京 26日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。米国株に下げ止まり感が出たことで過度な不安心理が後退。日本株は前日大幅安の反動もあり、買い戻しが先行しそうだ。きょうは3月期末の権利付き最終売買日になる。配当再投資の先物買いが大引けにかけて入ると予想され、指数を下支えする可能性がある。

日経平均の予想レンジは2万1000円─2万1400円。

25日の米国株市場は、不安定な動きとなったものの、終値は小幅まちまちとなり、いったん下げ止まる形となった。為替も1ドル110円近辺で円高一服となっている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万0935円。大阪取引所の夜間終値は2万0970円。3月末の配当権利落ち分が市場試算で約180円であることを考慮すると、朝方は2万1100円台を意識したスタートになるとみられる。

日本株は前日大幅安の反動もあり、買い戻しが先行しそうだ。3月期末の権利付き最終売買日で指数連動型のパッシブ系運用資金による配当再投資の先物買いも入ると予想される。だが、世界景気の先行きに対する懸念は根強い。市場では「3月の独IFO業況指数が予想を上回ったことで目先は落ち着きそうだが、世界景気の減速懸念が払しょくされたわけではない。相場の重しとしてくすぶり続ける」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、金融政策決定会合における主な意見(3月14・15日分、日銀)が公表される。海外では2月米住宅着工件数、 3月米消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)などが発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      20977.11 24448.07 18948.58

-650.23 2018年10月2日 2018年12月26日

シカゴ日経平均先物6月限 20935(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below