Reuters logo
今日の株式見通し=堅調、ファンダメンタルズと高値警戒感が綱引き
2017年10月26日 / 22:33 / 1ヶ月後

今日の株式見通し=堅調、ファンダメンタルズと高値警戒感が綱引き

[東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調もみ合いの展開が見込まれる。前日の欧米株式市場が概ね堅調だった流れもを受けて、日本株も底堅い動きになりそうだ。

引き続き、良好なファンダメンタルズへの思惑があるという。一方、週末でもあり、高値警戒感に伴う利益確定売りが重しになるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万1750円─2万1950円。

前日の米国株式市場では、企業の好決算を受けてダウ工業株30種とS&P総合500種指数が企業の好決算を追い風に反発した。ナスダック指数は続落したが、トランプ米大統領が医療用鎮痛剤「オピオイド」のまん延問題に対処する方針を示したことを受けてヘルスケア関連株が軟調となったことが重しになった。

ただ、好決算を発表した米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)やグーグルの持ち株会社アルファベット(GOOGL.O)が引け後の時間外取引で上昇しており「地合いは悪くない」(国内証券)とみられている。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1855円、大阪取引所の夜間終値は2万1860円だった。

こうした流れを受けて「日本株も素直に上昇するだろう。2万1900円台を回復して高値更新もあり得る」(日本アジア証券のエクイティ・ストラテジスト、清水三津雄氏)との見方も出ている。下押しすれば押し目買いが支えになるとみられる一方、上昇すれば、高値警戒感に加えて週末を控えていることもあり利益確定売りが上値を押さえそうだという。

イベントとしては、日本の消費者物価指数(CPI)の発表があるほか、新日鉄住金(5401.T)やコマツ(6301.T)、シャープ(6753.T)などの決算発表がある。海外では、豪州の卸売物価指数(PPI)、米7─9月GDP速報値などの指数発表のほか、シェブロン(CVX.N)やエクソン・モービル(XOM.N)の決算が予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21739.78 21921.36 18224.68

+32.16 2017年10月25日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物12月限 21855(円建て)

*内容を追加します。

平田紀之

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below