December 26, 2017 / 10:59 PM / 22 days ago

今日の株式見通し=弱もちあい、米アップル株安でハイテク関連に売り圧力

[東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいの展開が想定されている。クリスマス休暇明けとなる前日の米国株は下落。アップル(AAPL.O)が大きく下げており、国内でも半導体・ハイテク関連株には売り圧力が強まる見通しだ。ただ安値圏では日銀によるETF(上場投信)購入の思惑が広がり、日本株の下値を支えるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万2750円─2万2950円。

米国市場では原油価格の上昇を背景にエネルギー関連株が買われた一方、アップルは2%を超す下落となり、全体相場の重しとなった。台湾のエコノミックデイリーは匿名筋の話として、アップルが新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の販売見通しを下方修正すると報じた。

ドル/円JPY=は113円台前半で推移。日経平均先物3月限は大阪取引所の夜間終値が2万2860円。シカゴの清算値(円建て)は2万2870円を付けている。寄り付きの東京市場で日経平均は横ばい圏内でのスタートが見込まれるものの、ハイテク関連が下げ足を早めた場合は指数を押し下げる要因となる。

例年通り、年末に差し掛かり閑散相場が続いている。受け渡しベースではきょうから実質新年相場入りとなるが、海外投資家が本格的に市場に復帰するのは年明け以降との見方も多い。

市場では「商いが急に増えることはなさそうだが、ニューマネーの流入や年末の機関投資家によるドレッシング買いの期待もある」(安藤証券・投資情報室長の横山貢氏)との声が出ている。調整色が強まれば、業績期待の強い内需系銘柄を中心に、押し目買いの動きがみられそうだ。

きょうは国内では11月住宅着工・建設受注が公表される予定。海外では米11月中古住宅販売仮契約指数が公表される予定となっている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

    日経平均.N225      22892.69 23382.15 18224.68

    -46.49 2017年11月9日 2017年4月17日

    シカゴ日経平均先物3月限 22870(円建て)

    *内容を追加して再送します。

    長田善行

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below