July 26, 2018 / 10:58 PM / 5 months ago

今日の株式見通し=横ばい、決算発表受けた個別物色 週末要因も

[東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、横ばい圏内での動きが見込まれている。前日の米国株は高安まちまちとなったが、外為市場では円高進行に一服感がみられる。日本株全体を押し上げるような材料は見当たらず、決算発表を受けた個別物色の展開となりそうだ。週末を控え、引けにかけては利益確定売りに押されやすい。

日経平均の予想レンジは2万2500円─2万2700円。

米国市場ではフェイスブック(FB.O)の急落でナスダック総合指数.IXICは1%安となったが、ダウ.DJIは上昇。エネルギー関連株や半導体関連株に買いが入った。貿易を巡る米欧の交渉開始合意が米国株の追い風となっている。

ドル/円JPY=は前日に110円台半ばまで円高に振れたものの、足元では111円台前半まで戻している。シカゴの日経平均先物9月限は2万2620円。大阪取引所の夜間終値は2万2640円を付けている。序盤の東京市場はこれらの水準が意識され、小じっかりで始まる見通しだ。日中は人民元相場や上海株の動向を注視する流れとなるとみられている。

前日の引け後には日産自動車(7201.T)やキヤノン(7751.T)、東京エレクトロン(8035.T)などが決算を発表しており、株価の反応が注目される。もっとも市場では「国内は主力銘柄の決算発表の本格化は来週以降。『1回目の成績表』を見極めたいという姿勢が広がるのも止むを得ないところ」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券・投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ている。全体相場に関しては、上値を追う姿勢は限られそうだ。

きょうの主なスケジュールは、国内では7月東京都区部消費者物価指数(総務省) が公表されるほか、日立製作所(6501.T)、コマツ(6301.T)などが決算を発表する予定。プロレド・パートナーズ(7034.T)がマザーズに新規上場する。海外では米国の4─6月期のGDP(国内総生産)速報値や、米7月ミシガン大消費者信頼感指数確報値などが公表される予定となっている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22586.87 24129.34 20347.49

-27.38 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22620(円建て)

*内容を追加して再送します。

長田善行

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below