May 27, 2019 / 10:57 PM / a month ago

今日の株式見通し=小じっかり、手掛かり材料欠く 東エレクが指数下支えも

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小じっかりとなりそうだ。前日の英米市場が休場。為替も小動きで手掛かり材料に欠ける。海外勢の参加も少なく、商いも盛り上がりにくい中、個別株物色が中心になるとみられる。前日に大規模な自社株買いを発表した東京エレクトロン(8035.T)が上昇すれば指数の下支え効果が予想される。

日経平均の予想レンジは2万1100円─2万1400円。

27日の欧州株式市場は、自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)と仏ルノー(RENA.PA)の合併案を受け自動車株が買われたほか、欧州議会選で親欧州連合(EU)派の政党に対する強い支持が安心材料となり堅調に推移した。大阪取引所の夜間終値は2万1220円だった。寄り付きは同水準を意識し、底堅いスタートが見込まれる。

日中は相場を動かしそうな手掛かり材料がなく、為替や中国株にらみの展開となりそうだ。日米首脳会談では通商合意について参院選後への先送りが確認されたものの、トランプ米大統領から何らかの発言があれば株価に影響する可能性もある。

市場では「海外勢が後場から動くかどうかだが、材料が乏しく売買代金の増加は見込みにくい。ただ、海外勢が動かなければ売り圧力も限定的だろう。個別株の売買が中心になる」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

東京エレクトロン(8035.T)は27日、自己保有株を除く発行済み株式総数の8.5%に当たる1400万株、取得総額1500億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。日経平均への影響が大きい銘柄であり、同社株が上昇すれば指数を下支えするとみられている。

主なスケジュールは、5月米コンファレンス・ボード消費者信頼感指数が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21182.58 22362.92 19241.37

+65.36 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 休場

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below