March 2, 2020 / 10:43 PM / a month ago

今日の株式見通し=続伸、米国株高や日銀ETF買いへの期待が支え

[東京 3日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。オーバーナイトで米国株主要3指数が大幅に上昇した流れを引き継ぎ、東京市場も買い先行で始まるとみられる。前日、日銀が通常のETF(上場投資信託)の買い入れ額を増やしたことも投資家心理の支えとなりそうだ。ただ、新型コロナウイルスの国内感染拡大に懸念が残るため、買いが一巡した後は伸び悩む可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万1400円─2万1750円。

主要中銀が新型ウイルス感染拡大による経済への影響に対応する用意があると表明したことで、安心感が広がっている。米国株市場では、ダウは5%超、S&P総合500種とナスダック総合は4%超、それぞれ値上がり。投資家の不安心理の度合いを示すVIX指数は32.51とまだ高いものの、前日からは大きく低下した。

現在のドル円は108円前半で、前日午後3時時点とほぼ同水準。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万1425円と、前日の現物終値を上回っている。東京市場は同水準を意識して高く始まるとみられている。

米国でアップル(AAPL.O)が急伸したことや、フィラデルフィア半導体指数.SOXが上昇したことは、日本の電子部品関連や半導体関連の支援材料になるとみられる。

ただ、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が2日、日本を含む4カ国に対して新型ウイルス感染拡大に懸念を示した[nL4N2AV4NT]ほか、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測の高まりがドル安/円高を誘発することもあり得るため、楽観はできない。日本株は前週末に大きく下げた反動もあり、一定の戻りを試す見込みだが、上値追いには慎重になる可能性がある。

海外ではオーストラリア準備銀行理事会(金利発表)があるほか、米大統領選で「スーパーチューズデー」を迎える。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21344.08 24115.95 19241.37

+201.12 2020年1月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 21425(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below