September 3, 2018 / 10:47 PM / 21 days ago

今日の株式見通し=手掛かり難でもみあい、円相場の落ち着きは支え

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいとなりそうだ。前日の米国株市場が休場。国内にも相場を動かすイベントがなく、方向感は定まりにくい。円相場の落ち着きを支えに底堅く推移する場面もありそうだが、米中貿易摩擦や新興国情勢が心理的な重しとなり、上値も限定的と予想される。

日経平均の予想レンジは2万2550円─2万2850円。

前日の欧州株市場は、原油高などでロンドンのFT100種が上昇した一方、貿易摩擦への懸念でドイツDAX指数が下落とまちまちだった。為替は1ドル111円付近で落ち着いた動きとなっている。大阪取引所の日経平均先物9月限夜間終値は2万2780円と現物指数の前日終値を上回った。寄り付きは同水準を意識し買い優勢で始まりそうだ。

取引時間中は上海株市場と為替の動きに左右されそうだ。海外投資家の参加は少ないとみられるが、薄商いの中、短期筋による先物売買で指数が振れることは考えられる。米中貿易摩擦や新興国情勢が引き続き心理的な重しになり上値は重いとみられる。一方、市場では「4─6月期の法人企業統計が堅調だったほか、前日には大手証券から企業業績見通しの上方修正も出ている。ファンダメンタルズ面からは下値も限られる」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、8月マネタリーベース(日銀)が発表される。海外では8月米ISM製造業景気指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22707.38 24129.34 20347.49

-157.77 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 休場

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below