April 3, 2019 / 10:55 PM / 5 months ago

今日の株式見通し=底堅い、外部環境は平穏 上値は3月高値がめどか

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は底堅い展開が予想されている。前日の米国株市場で主要3指数は小幅に上昇。為替は1ドル111円半ばで落ち着いた値動きとなっており、東京市場の序盤は小幅高で始まるとみられる。半導体や設備投資の関連銘柄が買われれば上げ幅を拡大しそうだが、3月高値や200日移動平均線がいったんの上値めどとして意識される。

日経平均の予想レンジは2万1600円─2万1850円。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が米中通商協議が進展しているとの認識を示し、近い将来の合意期待が強まった。前日の米国株市場では中国販売に依存度の高い半導体銘柄が上昇。フィラデルフィア半導体株指数.SOXは一時3%高となり、過去最高値を更新した。[nL3N21L46Z]

為替も1ドル111円半ばと、外部環境は落ち着いている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値は2万1760円と、ともに現物指数の前日終値を小幅に上回っており、朝方は同水準を意識して、やや買いが先行するとみられる。

米国株市場の流れを引き継ぐ形で東京市場でも景気敏感セクターが買われれば全体相場も強含みそうだが、3月の戻り高値(2万1860円39銭)や200日移動平均線(2万1922円38銭)が近づくところでは利益確定や戻り待ちの売りも出そうだ。

買いが続かなければマイナス転換する可能性があるものの、下押しは限定的とみられている。「4月は外国人投資家が18年連続で買い越しており、強含む傾向がある。米国株が堅調に推移する中、日本株の出遅れ修正期待も出やすい」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、中村克彦氏)との声が出ていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21713.21 21860.39 19241.37

+207.90 2019年3月4日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物6月限 21760(円建て)

*内容を追加しました。

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below