December 6, 2018 / 10:45 PM / 9 days ago

今日の株式見通し=買い先行後もみあい、米雇用統計にらみ様子見

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、買い先行後にもみあう展開が予想されている。前日の米国株市場は序盤に大幅下落したものの、大きく戻して引けた。「ファーウェイ・ショック」で冷やされた投資家心理はやや落ち着きを取り戻し、東京市場の序盤はショートカバーが入るとみられる。

午後は今晩の米雇用統計の発表を控えて取引に慎重となり、上げ幅を縮小する場面もありそうだ。

日経平均の予想レンジは2万1400円─2万1700円。

前日のアジア市場は、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の幹部逮捕を受けて米中貿易摩擦への警戒感が強まったが、米国株市場はダウとS&P500が小幅続落にとどまり、ナスダックはプラス圏で引けた。

シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万1580円。大阪取引所の夜間終値は2万1450円。「米国株の動きを見る限り、ファーウェイの話は織り込まれた」(国内証券)との見方もあり、東京市場の序盤は前日に大きく売られた銘柄が買い戻される流れになるとみられている。

買いが一巡した後は、米雇用統計待ちとなりそうだ。市場のボラティリティーが高まる中、来年の米利上げ回数はこれまでの予想より少なくなるとの見方も聞かれる。「週末で雇用統計前ということもあり、後場は様子見ムードも出てくる」(東洋証券のストラテジスト、大塚竜太氏)との見方が多い。

雇用統計の結果を受けて相場が上下する可能性を視野に入れ、ポジションを閉じる動きが出ることもあり得る。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21501.62 24448.07 20347.49

-417.71 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 21580(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below