October 6, 2019 / 11:02 PM / 2 months ago

今日の株式見通し=もみあい、米株高を好感 方向性は定まらず

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価はもみあいが想定されている。前週末の米国株式市場が高かったことが好感されるものの、方向性を明確に示す材料が見当たらず、動きに乏しい展開になるとの見方が聞かれた。前週から徐々に全体の商いが低調になってきたことも気にされている。

日経平均の予想レンジは2万1350円─2万1550円。

前週末の米国株式市場は、9月の米雇用統計が「ゴルディロックス(適温)」な内容となり、米景気後退(リセッション)懸念が後退、主要3指数が上昇した。雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から13万6000人増と緩やかな伸びにとどまり、市場予想を下回った一方、失業率は前月の3.7%から3.5%へ低下し、1969年12月以来約50年ぶりの低水準となった。

これが好感されるものの、時間外取引で日経平均先物がシカゴ当限の終値(円建て)2万1535円に届かない水準で推移しているほか、為替相場の動向も気にされ、急な上昇は見込めない。また、10、11日に予定される米中貿易協議を控えていることが見送り要因になり、前週より商いが細ってきたことも手伝って、目先は方向性が見出せない状況となりそうだ。

市場では「引き続き円高が警戒される中、相場が適温になるには、先行き出てくる指標が弱過ぎず、強過ぎずのレベルであることが理想」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声も出ていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      21410.20 22362.92 19241.37

+68.46 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物12月限 21535(円建て)

*内容を追加しました。

水野文也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below