Reuters logo
今日の株式見通し=もみ合い、重要イベント一巡し方向感出にくい
2017年6月18日 / 23:01 / 5ヶ月後

今日の株式見通し=もみ合い、重要イベント一巡し方向感出にくい

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価はもみ合いとなりそうだ。重要イベントが一巡し、材料不足の中では方向感も出にくい。外為市場では円相場が若干強含んでいるが、1ドル111円台に戻す展開となれば、日経平均も2万円を試す可能性がある。材料のある個別銘柄には引き続き個人資金の流入が予想される。

日経平均の予想レンジは1万9800円─2万0100円。

前週末の米国株市場は横ばいだったが、為替は1ドル110円台後半とやや円高に傾いている。5月の米住宅着工件数が8カ月ぶりの低水準となり、直近の弱い経済指標と相まって米連邦準備理事会(FRB)による今後の追加利上げに不透明感が強まった。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値、大阪取引所の夜間終値はともに1万9920円だった。市場では6―8月の配当落ちが約39円とみている。それを考慮すると朝方は前週末終値付近が意識されそうだ。

日米の中銀会合を通過し、次の材料となる国内企業の4―6月期決算や米重要指標の発表までしばらく空白期間となる。材料不足の中、安倍内閣の支持率低下報道が相次いでいることが相場の重しになる可能性がある。市場では「6月SQ(特別清算指数)値の1万9997円63銭付近では需給面でのしこり感もある。日経平均2万円を試す展開になるとすれば、為替次第だろう」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ている。

主なスケジュールは、5月貿易統計(財務省)が発表される。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19943.26 20239.81 18224.68

+111.44 2017年6月2日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物9月限 19920(円建て)

*記事の日付を修正して再送します。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below