Reuters logo
今日の株式見通し=軟調、米株の下落にらみ 売り一巡後は下げ渋りか
2017年11月9日 / 23:12 / 11日後

今日の株式見通し=軟調、米株の下落にらみ 売り一巡後は下げ渋りか

[東京 10日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が予想される。前日の海外市場では米税制改革の先行き不透明感を背景に米主要株価指数が反落しており、日本株は売りが先行しそうだという。ただ、下落すれば日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑も出やすく、売り一巡後には押し目買いも見込まれるという。

日経平均の予想レンジは2万2550円─2万2900円。

前日の海外時間には、20%への法人税率引き下げの1年先送りが盛り込まれた米上院共和党の税制改革案が嫌気され、米国株式市場は反落した。マイクロソフト(MSFT.O)などハイテク株の下げが重しとなった。

日経平均先物12月限は、大阪取引所の夜間終値が2万2580円。シカゴの円建て清算値が2万2645円を付けており、序盤の東京市場ではこれらの水準が意識されて安く始まりそうだ。市場では「米株価は法人税減税による企業業績の押し上げを織り込んできていただけに、動向に注意が必要」(国内証券)との警戒感が出ている。

一方、日本株を買い遅れた投資家による押し目買い需要も根強いと見られているほか、前場で下げれば日銀によるETF買いへの思惑も出やすいという。市場では「オプションSQ(特別清算指数)を通過し、売りが一巡した後は、下げ渋るのではないか」(日本アジア証券のエクイティ・ストラテジスト、清水三津雄氏)との声が聞かれた。

主なスケジュールとしては、仏9月鉱工業生産、英9月鉱工業生産、英9月貿易収支、米国で11月ミシガン大消費者信頼感指数速報値などの指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22868.71 23382.15 18224.68

-45.11 2017年11月9日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物12月限 22645(円建て)

平田紀之

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below