Reuters logo
今日の株式見通し=しっかり、米税制改革案の進展が支援 北朝鮮リスクは限定的
2017年11月28日 / 22:56 / 15日前

今日の株式見通し=しっかり、米税制改革案の進展が支援 北朝鮮リスクは限定的

[東京 29日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、しっかりした展開が見込まれる。米税制改革案の進展などを受けて米主要3株価指数がいずれも終値での最高値を更新しており、日本株は反発して始まるとみられる。北朝鮮がミサイルを発射したと伝わったことは重しになり得るが、相場への影響は限定的とみられている。

日経平均の予想レンジは2万2500円─2万2700円。

米税制改革案は上院予算委員会が承認し、本会議で30日にも採決が行われる見通しとなった。北朝鮮によるミサイル発射が伝わると、主要指数は一時押し戻される場面もあったが、その後持ち直した。好調な消費者信頼感統計、パウエル次期米連邦準備理事会(FRB)議長候補の発言なども支援材料となった。

シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値と、大阪取引所の夜間終値は、ともに2万2630円。寄り付きの東京市場は反発で始まるとみられる。

北朝鮮のミサイル報道後もドル/円の下落が限定的だったことも相場の支えになるとみられている。もっとも「(北朝鮮のミサイル発射は)過度な影響はなさそうだが、上値は抑え得る。ファンダメンタルズは堅調なため日本株は底堅さも意識されるが、上値を追うほどの材料があるわけでもない」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)として、反発後はもみ合う展開を予想する声もある。

主なスケジュールとしては、ジャスダック市場にトレードワークス(3997.T)が新規上場する。海外では米7─9月GDP改定値などの指標発表や、イエレンFRB議長の議会証言などが予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22486.24 23382.15 18224.68

-9.75 2017年11月9日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物12月限 22630(円建て)

*内容を追加して再送します。

平田紀之

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below