Reuters logo
今日の株式見通し=横ばい圏内、クリスマス休暇で参加者は限定的
December 24, 2017 / 10:56 PM / in 22 days

今日の株式見通し=横ばい圏内、クリスマス休暇で参加者は限定的

[東京 25日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、横ばい圏内の展開が想定されている。前週末の米国株が小幅に下落したことを背景に序盤はやや売りが先行する見通し。安値圏では日銀によるETF(上場投信)買いの期待が下値を支えるとみられている。

クリスマスのため市場参加者は減少すると見込まれており、薄商いの中、指数は先物主導で方向感のない動きを続けるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万2850円─2万2950円。

前週末の米国市場はクリスマス休暇を控え商いが細る中、スポーツ用品大手ナイキ(NKE.N)などに売りが出た。主要3指数はそろって小幅安。セクター別では不動産や素材、エネルギーなどが上昇。金融、ヘルスケアは軟調だった。

ドル/円JPY=は113円台前半で推移。シカゴの日経平均先物3月限清算値(円建て)は2万2830円。大阪取引所における同先物3月限の夜間終値は2万2870円を付けている。序盤の東京市場ではこれらの水準が意識され、やや軟調な滑り出しになるとみられている。

クリスマスのため今晩の欧米市場は休場。国内も日中は手掛かり材料が乏しく、積極的な売買は手控えられそうだ。みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏は「先物中心の日計り商いが中心となりそう。2万3000円近辺では手じまい売りが出やすい」と話す。

きょうは国内では10月景気動向指数改定値(内閣府)が公表される予定。高島屋(8233.T)の3─11月期決算発表が控えている。またABホテル(6565.T)がジャスダックに、要興業(6566.T)が東証2部に新規上場する。海外では主だったイベントや経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

    日経平均.N225      22902.76 23382.15 18224.68

    +36.66 2017年11月9日 2017年4月17日

    シカゴ日経平均先物3月限 22830(円建て)

    *内容を追加しました。

    長田善行

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below