January 28, 2018 / 10:58 PM / 7 months ago

今日の株式見通し=反発、米株高好感でも円高懸念は継続

[東京 29日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。前週末の米国株高に加え、日経平均は3日続落した後で押し目買いも入りそうだ。ファナック(6954.T)などハイテク企業の好決算も支えになる。一方、円高基調は引き続き懸念材料。買い一巡後は為替動向にらみで上下に振れる展開が予想される。

日経平均の予想レンジは2万3500円─2万3850円。

前週末の米国株市場は、インテル(INTC.O)などの好決算とドル安が相場を支え、主要株価3指数がそろって終値で最高値を更新した。一方、外為市場では黒田日銀総裁の物価に関する発言が材料視され、1ドル108円台後半と円高基調が続いている。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万3725円、大阪取引所の夜間終値は2万3690円だった。週明けの東京市場は同水準を意識し、買いが先行するとみられる。

26日引け後に好決算を発表したファナックや信越化学(4063.T)が大幅高となれば、指数も上振れする可能性がある。市場では「円高が気にされているが、きょうは好調な企業業績の方が相場へのインパクトは大きそうだ。今後のイベントを控え上値も限られるが、ある程度は為替離れの展開が期待できる」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、日立建機(6305.T)、大東建託(1878.T)などが決算発表を予定している。国内、海外とも重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      23631.88 24129.34 18224.68

-37.61 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 23725(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below