February 5, 2018 / 10:56 PM / 8 months ago

今日の株式見通し=米株急落でリスク回避 日経平均2万2000円割れへ

[東京 6日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続落が見込まれる。前日の米国株市場でダウ工業株30種が1175ドル安と急落したことで、リスク回避の売りが東京市場にも波及しそうだ。

日経平均は節目の2万2000円を割り込み、下げ幅は1000円近くに達する可能性がある。売り一巡後は急ピッチの下落に対する反動で、買い戻しも入るとみられるが、世界的な株安連鎖に歯止めをかける手掛かりがなければ、終日不安定な値動きが予想される。

日経平均の予想レンジは2万1300円─2万2300円。

5日の米国株市場は、雇用統計発表後の長期金利上昇や、米連邦準備理事会(FRB)が予想より速いペースで利上げするとの警戒感などで、ダウ工業株30種が一時1600ドル近く下落。終値も下げ幅は過去最大となった。投資家の不安心理の目安とされるボラティリティ・インデックス(VIX).VIXは2015年8月以来の水準に上昇している。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万1405円となり、前日の日経平均終値より1200円以上も安い水準だった。東京市場でもリスク回避的な売りが先行し、大幅安となる可能性が高い。

主力企業の決算発表が好調で、日経平均の予想EPS(1株利益)は連日上昇している。日経平均が2万2000円を下回ると予想PER14倍割れも視野に入るが、世界的な株安連鎖に歯止めがかからないと割安感を評価する買いは入りにくい。市場では「米株安に伴って売らざるを得ない投資家も存在する。米株の下げ止まりが読み切れない中で、しばらく動揺は続くとみなければならない。日経平均は下値として200日移動平均線(2万0938円22銭=5日終値)が意識されることになりそうだ」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールでは、トヨタ自動車(7203.T)、JT(2914.T)、三菱ケミカルHD(4188.T)、三菱重工(7011.T)などの決算発表がある。海外では12月米貿易収支が発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      22682.08 24129.34 18224.68

-592.45 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 21405(円建て)

*内容を追加します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below