February 7, 2018 / 11:04 PM / 5 months ago

今日の株式見通し=波乱含み、米金利上昇・高ボラティリティーに警戒

[東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、波乱含みの展開が想定される。米長期金利の上昇基調が続くなか、米VIX指数.VIXは引き続き警戒領域にある。週末にオプションSQ(特別清算指数)の算出を控え、先物売買に振られやすい側面もありそうだ。

日経平均の予想レンジは2万1300円─2万2100円。

前日の米国株は、上下に振れる展開となった。反落して取引を終えており、ハイテク株.SPLRCTは1.4%下落、エネルギー株.SPNYは1.7%安となった。投資家の不安心理の目安とされるボラティリティー・インデックス(VIX).VIXは2.3ポイント低下の27.73となったが、ここ数カ月間でみられていた水準の2倍超となっている。

日経平均先物は、大阪取引所における3月限の夜間終値が2万2060円、シカゴの清算値(円建て)は2万1830円となった。東京市場でも神経質な地合いが継続すると見られている。寄り付きにかけては「先物にさや寄せする動きかもしれないが、その後はボラタイルな値動きが警戒される」と、いちよしアセットマネジメントの上席執行役員、秋野充成氏は指摘する。米長期金利や米VIXが低下しなければ、株価は上昇トレンドに向かいにくいという。

主なスケジュールとしては、日本で鈴木日銀審議委員講演や、12月国際収支、1月景気ウオッチャー調査などの発表がある。日産自動車(7201.T)やSUBARU(7270.T)などの決算発表も予定されている。海外では、米国で新規失業保険申請件数の発表があるほか、複数の地区連銀総裁の講演が予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21645.37 24129.34 18224.68

+35.13 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 21830(円建て)

*内容を追加して再送します。

平田紀之

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below