March 5, 2018 / 10:49 PM / 5 months ago

今日の株式見通し=反発、過度な警戒感が緩み買い戻し

[東京 6日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。貿易戦争への懸念が和らぎ米国株が大幅高。為替は円安方向に振れている。東京市場でも過度な警戒感の巻き戻しにより幅広く買いが先行しそうだ。国内に手掛かり材料は乏しく、買い戻し一巡後は短期筋の売買で不安定な値動きとなることも予想される。

日経平均の予想レンジは2万1100円─2万1500円。

前日の米国株市場は、米政府による関税方針の実現が難しいとの見方などで、世界的な貿易戦争への懸念が和らぎ、ダウ工業株30種が336ドル高と大幅反発した。イタリア総選挙結果を受けた欧州株も堅調だったことから、東京市場でも外部要因に対する過度な警戒感が後退するとみられる。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万1410円、大阪取引所の夜間終値は2万1420円だった。寄り付きは同水準にさや寄せする形で高く始りそうだ。

日経平均は4日続落した後で自律反発を狙う買いも見込まれるが、上値を買う材料は不足している。9日にメジャーSQ(特別清算指数)算出、9日夜には米2月雇用統計の発表などのイベントも控えている。市場では「節目の2万1500円までの戻りは微妙なところだろう。ヘッジファンドなど海外短期筋の買い戻しが中心になりそうだ」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ている。

主なスケジュールは、参院で黒田日銀総裁の所信聴取が行われる。1月米製造業受注が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21042.09 24129.34 18224.68

-139.55 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 21410(円建て)

*内容を追加して再送します。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below