June 12, 2018 / 10:48 PM / 4 months ago

今日の株式見通し=小動き、日米欧の中銀会合控え様子見ムード

[東京 13日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小動きとなりそうだ。前日の米国株は高安まちまち。為替は1ドル110円台での値動きを続けており、外部環境に手掛かり材料が乏しい。米連邦公開市場委員会(FOMC)など日米欧の中銀会合を控え、様子見ムードが優勢となるとみられている。

日経平均の予想レンジは2万2750円─2万2950円。

米国市場ではダウが小幅安。ナスダックとナスダック総合とS&P総合500は上昇した。米朝首脳会談の市場全体への影響は限定的。エネルギーセクターが軟調となった一方、ハイテク株や公益株が堅調に推移した。

シカゴの日経平均先物9月限の円建て清算値は2万2800円。大阪取引所の夜間終値も同水準となっている。配当落ち分の影響や、ドル/円JPY=が日本時間の早朝に一時110円台半ばまで戻したことを考慮すると、序盤の東京市場で日経平均はほぼ横ばい圏内で始まる公算が大きい。

FOMCでの利上げ決定は市場にほぼ織り込まれているとみられている。投資家の関心は、年内の残りの利上げ回数に向かっている。週内には欧州中央銀行(ECB)理事会や日銀の金融政策決定会合もあり、新規のポジションを構築しにくい。

日本アジア証券のエクイティ・ストラテジスト、清水三津雄氏は「イベントを通過しない限り動きにくい。為替が落ち着いていることもあり、輸出関連株全般に買いが入るかがきょうのポイントとなりそう」と話す。

きょうは国内では主要な経済指標の発表は予定されていない。海外はで韓国、インドネシアが休場。FOMCの声明発表とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見が控えているほか、米5月卸売物価指数も公表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22878.35 24129.34 20347.49

+74.31 2018年1月23日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物9月限 22800(円建て)

*内容を追加します。

長田善行

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below