December 3, 2018 / 11:03 PM / 15 days ago

今日の株式見通し=上値重い、7連騰の反動で利益確定売りも

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。前日の米国株は米中貿易戦争の一時休戦を好感して上昇したが、東京市場ではすでに織り込み済みとなっている。日経平均は7連騰した後で利益確定売りが出やすい。リスク選好の地合いでも円安の進行が限定的で上値を買い上がる材料は乏しい。

日経平均の予想レンジは2万2400円─2万2800円。

前日の米国株市場は、米中首脳会談での合意を好感し、主要3指数がいずれも1%超上昇した。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万2635円。大阪取引所の夜間終値は2万2610円と現物指数の前日終値を上回っている。足元の株高で投資家心理は改善傾向にあり、寄り付きは小じっかりで始まりそうだ。

世界的なリスク選好回復を背景に底堅い値動きが期待されるが、日経平均は前日まで7日続伸し、短期的な過熱感も出ている。市場では「米国株は高寄り後に伸び悩んだ。米中摩擦の緩和に対する過度な楽観は後退したとみている。日経平均2万2500―2万3000円にかけては累積売買代金が多く、利益確定売りが上値を抑えそうだ」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ている。

今週は7日の11月米雇用統計など重要な米経済指標の発表が多い。6日には協調減産に向けた協議が見込まれる石油輸出国機構(OPEC)総会も控えている。取引時間中は様子見姿勢が強まることも予想される。

主なスケジュールは、11月マネタリーベース(日銀)が発表される。海外ではEU財務相理事会が行われる。ウィリアムズ米NY連銀総裁が討論会に参加する。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22574.76 24448.07 20347.49

+223.70 2018年10月2日 2018年3月26日

シカゴ日経平均先物12月限 22635(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below