November 11, 2019 / 11:06 PM / a month ago

今日の株式見通し=もみあいを想定、高値警戒感から見送りムード

[東京 12日 ロイター] -

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23331.84 23591.09 19241.37

-60.03 2019年11月8日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物12月限 23370(円建て)

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。週明けの米国株式市場がさえなかったほか、前日は一服しながらも依然として高値警戒感が強いことから、見送りムードが強まりそうだ。方向感が定まらない動きになる可能性が高い。

日経平均の予想レンジは2万3200円─2万3450円。

11日の米国株式市場はS&P総合500種.SPXとナスダック総合.IXICが下落し、ダウ工業株30種.DJIは、ボーイング株(BA.N)の上昇に支援され、ほぼ変わらず。トランプ米大統領が中国との協議について、望んでいたよりもゆっくりとしたペースで進んできたと指摘し、米国にとって適切な内容である場合のみ合意を受け入れると発言したことから、米中通商協議を巡る懸念が再燃した格好だ。

同日のシカゴ日経平均先物は崩れていないものの、香港情勢が引き続き心配されるほか、テクニカル面で高値警戒感が台頭していることから、上値を買うのは難しいとの見方が出ている。決算発表も大どころの発表は一巡したため、全体的に新たな材料待ちになるという。

市場では「トランプ発言で米国株が崩れた訳ではなく、きょうの東京市場は方向性が定まらない動きになりそうだ。ただ、ここで一服しても、高値警戒感が強いだけに、理想的な調整になるのではないか」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との指摘もある。

水野文也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below