November 24, 2019 / 11:02 PM / 15 days ago

今日の株式見通し=プラス圏でもみあい、香港・上海などをにらみ様子見

[東京 25日 ロイター] -

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23112.88 23591.09 19241.37

+74.30 2019年11月8日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物12月限 23165(円建て)

きょうの東京株式市場で、日経平均株価はプラス圏でのもみあいが想定されている。ただ、香港区議会選の行方が相場に影響を与えるとの懸念から、日中は香港ハンセン指数.HSI、上海総合指数.SSECや為替相場の動きなどをみながらの展開になるとみられる。

日経平均の予想レンジは2万2900円─2万3200円。

先週末の米国株式市場は上昇。通商協議を巡る米中双方の発言が好感されたほか、底堅い経済指標も買い材料となった。

トランプ大統領は米中合意が「非常に近い可能性がある」と表明。習近平国家主席も、合意の取りまとめに意欲を示した。

IHSマークイットが22日発表した11月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)では、11月の速報値が52.2と、10月の51.3から上昇し、4月以来7カ月ぶりの高水準を付けた。市場予想は51.5だった。

日経平均は、米国株式市場の流れを引き継ぎ小高く始まるとみられるものの、香港区議会選の結果を見極めたいとして様子見ムードが強まるとみられている。

香港で24日に実施された区議会選挙では、投票率は過去最高となり、民主派が大勝利を収める見通しとなった。市場からは「民主派の勝利は抗議行動の弾みがつく可能性があるため、予断を許さない。香港ハンセン・上海総合指数が下がれば、日経平均の2万3000円割れもあり得る」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールとしては、米国のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が予定されている。

*内容を追加しました。

佐古田麻優

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below