January 9, 2020 / 10:44 PM / 7 months ago

今日の株式見通し=上値重い、3連休前で利益確定売り優勢か

[東京 10日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は上値が重い展開が予想される。外部環境は悪くないものの、国内は3連休を控えている上、米雇用統計の発表を控えているということもあり、最終的に利益確定売りが優勢になるとみられている。きょうは1月限の日経平均先物ミニ・オプションのSQ(特別清算指数)算出日で、寄与度の高い銘柄の決算発表後のため、寄り付き時点での思惑的な売買で指数が乱高下する可能性もある。

日経平均の予想レンジは2万3500円─2万3800円。

オーバーナイトの米国株市場では、アップル(AAPL.O)など大型株が値上がりし、相場を支援。主要3指数が最高値を更新して取引を終えた。[nL4N29E3UK]外為市場でドルが109円半ばと円安方向に進むなど、センチメントは悪くない。

ただ、シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万3745円、大阪取引所の夜間終値は2万3730円と、ともに前日の現物終値近辺で、先物は米国株の上昇に比べて動きが鈍かった。ファーストリテイリング(9983.T)が2020年8月期の連結営業利益予想を減額したほか、安川電機(6506.T)の決算内容も「やや期待外れだった」(国内証券)といい、国内企業の決算発表の影響を指摘する声も出ている。

日本は13日が成人の日で休日となる。市場では「イラン政府は否定したものの、墜落したウクライナ機はミサイルで撃墜されたといううわさもある。米国株高や為替の円安は下支えとなりそうだが、連休中の海外市場の変動リスクを回避するための手仕舞い売りも出そうだ」(同)との見方が聞かれた。

きょうは米雇用統計のほかに、ローソン(2651.T)、良品計画(7453.T)、ファミリーマート(8028.T)、イオン(8267.T)などの決算発表が予定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      23739.87 24091.12 19241.37

+535.11 2019年12月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 23745(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below