February 4, 2020 / 10:56 PM / 2 months ago

今日の株式見通し=大幅上昇、地合い一変し目先底打ち確認へ

[東京 5日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅上昇が想定されている。前日の米国株式が大きく上げたことや、急速に円安が進んだことが好感されそうだ。新型コロナウイルスによる肺炎の影響が懸念されながらも、これまでの調整色地合いが一変し、テクニカル面では目先的な底打ちを確認する可能性が高い。シカゴ日経平均先物にサヤ寄せして始まることになりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3200円─2万3500円。

4日の米国株式市場は、中国人民銀行(中央銀行)が大規模な資金供給を実施したことで新型ウイルスが経済に与える影響への懸念が和らぎ、ナスダック総合.IXICは過去最高値を更新、S&P総合500種.SPXは約6カ月ぶりの大幅な上昇、ダウ工業株30種.DJIは5カ月超ぶりの大幅な上げを記録した。

外為市場ではドル/円は109円台半ばまで急ピッチで円安が進行。株式市場では「外部環境面から売る材料がなくなった。上値の重さは残るものの、日経平均で2万3500円前後まであっさり戻しても不思議ではない」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が出ている。

個別では、前日の決算発表で、2020年3月期通期見通しの上方修正を発表したソニー(6758.T)の株価動向に注目が集まりそうだ。円安を好感して、主力の輸出関連株がリバウンドすることが想定されている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      23084.59 24115.95 19241.37

+112.65 2020年1月17日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物3月限 23365(円建て)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below