for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=弱もちあい、5連休を控えて模様眺めムード

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前日の米国株式市場が軟化したことが嫌気されそうな一方、5連休を控えているため新たにポジションが取りづらく、模様眺めムードに支配されることになりそうだ。

日経平均の予想レンジは1万9900円─2万0200円。

4月30日の米国株式市場は、新規失業保険申請件数が悪化したことが嫌気された一方で、企業決算の内容がまちまちとなる中、利食い売りが発生、主要3株価指数は反落して終了した。

米労働省が30日発表した25日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は383万9000件となった。前週の444万2000件(改定)から減少したものの、なお高水準が続いている。ロックダウン(都市封鎖)措置の直接的な影響を受けていなかった業界にもレイオフが広がっている可能性を示唆した。

一方、日本株は前日に日経平均が約1か月半ぶりに2万円を回復し、戻りに弾みを加えたものの、明日からの5連休となることで「新たなポジションが取りにくい。今日は利益確定売りが優勢になり、見送りムードが強くなりそうだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)という。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20193.69 24115.95 16358.19

+422.50 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 19990(円建て)

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up