May 13, 2020 / 10:53 PM / 13 days ago

今日の株式見通し=弱もちあい、米国株式の軟調受け売り優勢に

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前日の米国株式市場が軟調だったことを受けて、売り優勢の展開になりそうだ。ただ、2万円に近づく水準では押し目買いが入るほか、日銀のETF買いが支えになり、前日と同様、下げ渋るとみられる。

日経平均の予想レンジは2万0050円─2万0300円。

13日の米国株式市場は続落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、新型コロナウイルス感染拡大によって米経済が「長期」にわたり低迷する恐れがあるとの見通しを示したことが重しとなり、ダウ平均は516ドル安で取引を終えた。

パウエル議長はFRBが必要に応じて一層対応するとした一方、財政支出も一段の拡大が求められると明言した。

日経平均がコロナショックで押した幅の半値戻り近辺に位置する時価水準では、利益確定売りが出やすいなど需給面で重さが感じられるが、一方では2万円に近づくと投資家の押し目買いが入り、方向性が定まらない動きとなりそうだ。

市場では「経済再開に対する期待感はあるが、現実の収益見通しはとても厳しく、買い上がる材料は見当たらない。米株安など外部環境が悪くなると見送られる」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との声が聞かれる。

*内容を追加しました

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20267.05 24115.95 16358.19

-99.43 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 20165(円建て)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below