June 7, 2020 / 10:51 PM / a month ago

今日の株式見通し=続伸、米国株高が支え 2万3000円台回復へ

[東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。前週末の米国株式市場での大幅上昇を好感し、朝方から幅広い銘柄に買いが先行しそうだ。日経平均は節目の2万3000円を約3カ月半ぶりに回復するとみられている。

日経平均の予想レンジは2万2900円─2万3300円。

5日の米国株式市場は大幅に値上がりし、ダウ平均株価.DJIは829ドル高で引けた。5月の雇用者数が予想に反して大幅に増加したことを受け、景気回復が一段と早まるとの期待が広がった。雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比250万9000人増と、市場予想の800万人減に反してプラスに転じた。4月は約2070万人減と、1930年代の大恐慌以降で最大の落ち込みを記録していた。失業率は13.3%と、戦後最悪だった4月の14.7%から改善。市場予想は19.8%だった。

現在のドル/円は109.60円台で、前週末午後3時時点より30銭ほど円安での水準となっている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万3220円、大阪取引所の夜間終値は2万3160円と、ともに2万3000円台となっている。日経平均は同水準を意識し、節目の2万3000円台を回復するとみられている。

市場では「過熱感は引き続きあるものの、今週は需給で引っ張り上げる相場となり、12日メジャーSQに向けて買い戻しが継続するだろう。前週末の米国株高に続き、今晩の動きも注目されているため、取引時間中は米株先物の動きが材料視されるとみられる」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)

きょうは国内で1─3月期GDP2次速報(内閣府)、4月国際収支(財務省)、5月景気ウオッチャー調査(内閣府)などの発表が予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      22863.73 24115.95 16358.19

+167.99 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 23220(円建て)

佐古田麻優

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below