June 8, 2020 / 10:48 PM / a month ago

今日の株式見通し=一進一退、高値警戒で上げ一服 下値は押し目買い

[東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退の動きが予想されている。オーバーナイトの米国株は堅調だったが、ドル/円がやや円高方向に振れている。日経平均は直近6連騰し高値警戒感が台頭していることから、上げは一服するとみられている。一方、下がったところでは押し目買いが入り、下値も限定的になる可能性がある。

日経平均の予想レンジは2万2900円─2万3300円。

日経平均は8日の取引で2万3000円台に乗せ、約3カ月半ぶりの高値となっている。ここまでの急ピッチの上昇で過熱感がかなり強まっており、利益確定売りが上値を抑える可能性がある。市場からは「25日移動平均線からの上方乖離率は10%を超えている。熟しに熟していて、風が吹いていつストンと落ちてもおかしくない状況」(SMBC日興証券の投資情報部部長、太田千尋氏)という。

外為市場ではドル高が一服し、現在のドル/円は108.40円台。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万3215円、大阪取引所の夜間終値は2万3210円となっており、日経平均は前日終値かやや小幅高の水準で始まるとみられている。

市場では、トレンドフォロー型のCTA(商品投資顧問業者)でネットロングの積み上げが観測されるほか、ファンダメンタルズを重視する投資家にも買い遅れへの恐怖感が醸成されつつあるとされ、利益確定売りをこなしながら上値を追いかける可能性がある。一方、伸び悩んでマイナス圏に沈んだ場合も、過剰流動性や経済活動再開への期待が維持され、下押しは限定的になることもあり得る。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23178.10 24115.95 16358.19

+314.37 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物6月限 23215(円建て)

杉山健太郎

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below