for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみあい、米国株式の休場控えて見送りムードに

[東京 7日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。前週末に米国株式が下落したことが嫌気されそうだが、今晩の米国市場はレーバーデーによる休場のため、見送りムードが強くなるという。米株投資が明らかになったソフトバンクグループ9984.Tの株価動向が注目を集めるとの見方が出ている。

日経平均の予想レンジは2万3000円─2万3400円。

前週末4日の米国株式市場は続落。取引終盤にかけて売りが和らぎ、主要株価3指数はこの日の安値から戻して終了した。ナスダック総合.IXICは一時、2日に記録した過去最高値から最大9.9%下落。しかし、ハイテク大手のアップル AAPL.O、マイクロソフトMSFT.O、アマゾン・ドット・コムAMZN.O、フェイスブックFB.Oが終盤にかけて下げ幅を縮小する中、下げ渋る展開となった。

今晩はレーバーデーのため、米国株式市場は休場。これが手掛けにくさを印象づけるほか、新たな手掛かり材料が見当たらないため、指数の動きは一進一退になるという。引き続き個別物色の動きが中心になりそうだ。

市場では「米株が休場となるため動きにくい。そうした中、個別物色の動きになるとみられるが、指数寄与度が大きいソフトバンクGがどう動くか注目されそうだ」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23205.43 24115.95 16358.19

-260.10 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物9月限 23175(円建て)

*内容を追加しました

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up