for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=堅調を想定、米株上昇を受け好地合いを引き継ぐ

[東京 28日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開になると想定されている。前週末の米国株式市場が上昇したことを受け、好地合いを引き継ぐことになりそうだ。9月中間期末の配当権利取り最終日であることも株価を支える要因になるという。また、大型IPOとして巨額の資金吸収要因となってきたキオクシア6600.Tの上場延期が伝えられ、これが需給面で安心感を誘うとの見方が出ている。

日経平均の予想レンジは2万3200円─2万3600円。

前週末25日の米国株式市場は続伸し、ダウ工業株30種.DJIは358ドル高で取引を終了した。ハイテク株への買いが続いたことで、相場が全般的に押し上げられた。S&P500、ナスダックも上昇。一方、投資家の不安心理を示すボラティリティー・インデックス(恐怖指数).VIXは高止まりしている。

外為市場ではドル/円相場が落ち着いていることもあって、週明けの日本株は堅調に推移しそうだ。きょうは9月末の配当金や株主優待の権利取り最終日とあって、これらを駆け込みで権利取りを狙う買いが活発化するという。

一方、休み中に半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が、10月6日に予定していた東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を延期する方向で調整していることが分かったが、「2兆円規模の大型IPOで、市場からの資金吸収要因になるとみられていただけに、延期となれば投資家の安心感を誘うことになる」(東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      23204.62 24115.95 16358.19

+116.80 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 23025(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up