for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=横ばい圏、模様眺めムードの中で個別物色の動き

[東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、横ばい圏での一進一退の展開が予想されている。オーバーナイトの米国株式市場は続伸、為替のドル/円は106円近辺で安定的に推移するなど、地合いは決して悪くない。ただ、米大統領選を控え株価の不安定な値動きが続くなか、全体的に模様眺めムードが広まりやすい。薄商いの中、個別企業の決算を材料視した売買が中心となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万3550円─2万3750円。

8日の米国株式市場は続伸して取引を終えた。トランプ米大統領が追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る議会との協議が再開し、合意に達する可能性は十分あるとの認識を示したことが好感された。

現在のドル/円は106.00円台で、前日午後3時時点とほぼ同水準。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万3615円、大阪取引所の夜間終値は2万3620円と、前日の現物指数の終値をわずかに下回っている。日経平均は前日終値近辺での推移となり、積極的な売買は手控えられそうだ。

市場では「昨日発表の決算を材料視した動きが中心となりそうだ。きょうは特に重要イベントなどは予定されていないものの、最近は個人投資家を中心とした売買が活発化しているため、強含む場面もみられそうだ」(国内証券)との声が出ていた。

きょうは国内で安川電機6506.Tの企業決算、中国で中国で9月サービス部門PMI(財新)、ノーベル平和賞の受賞者の発表などが予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225 23647.07 24115.95 16358.19

+224.25 2020年1月17日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 23615(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up