for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみあい、不透明感は後退 円高警戒から上値に慎重

[東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。注目されていた米大統領選挙はバイデン氏の勝利宣言により不透明感が後退したことから、リスクオンムードが高まりそうだ。ただ、前週末に日経平均は終値でバブル後最高値を更新し、目標達成感が生じるところ。さらに円高も警戒され、上値に慎重となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万4150円─2万4450円。

米大統領選を制した民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は米国時間7日に演説し、勝利を宣言した。トランプ大統領は依然として敗北を認めていないものの、不透明感が後退したことを国内投資家も好感するものとみられる。

一方、前週末の米国株式市場はほぼ変わらずで取引を終えたほか、外為市場でドル/円相場は円高基調に変化はなく、これが警戒されそうだ。日経平均がバブル後最高値の水準に達したことで、目標達成感から利益確定売りがかさむ可能性もある。

市場では「円高に振れても、株価全体がすぐに崩れる感じはしないが、グロース株を買っていた物色の流れに変化があるかどうか注目したい」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。

*内容を追加しました

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      24325.23 24389.00 16358.19

+219.95 2020年11月6日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物12月限 24330(円建て)  

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up