for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみあい、薄商いで方向感に乏しい

[東京 28 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなりそうだ。前週末25日の米国株式市場はクリスマス休暇に伴い休場。きょうはボクシングデーに伴い欧州など多くの市場が休場となる。日経平均は市場参加者が少ない薄商い相場のなか、前日終値近辺の狭いレンジでのもみあいとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万6500円─2万6700円。

現在のドル/円は103.50円台で、前週末午後3時時点から横ばい。大阪取引所の日経平均先物の夜間終値も2万6640円と前週末の現物指数の終値近辺となっている。

新型コロナウイルスの変異種の感染拡大を受け、政府は26日、全ての国・地域からの外国人に条件付きで認めていた新規入国を12月28日から来年1月末まで、一時停止すると発表した。また、この日東京都内で確認された新型コロナウイルスの新規感染者は過去最多の949人となった。

市場では「国内でのコロナ感染拡大が嫌気され、上値は重くなりそうだ。ただ、薄商い相場のなか、2万6500円という水準が意識されやすく、大きく買われることも売られることもなく、もみあいに終始するだろう。個人投資家による個別物色が中心」(国内証券)との声が聞かれた。

主なスケジュールでは、国内で11月鉱工業生産速報(経済産業省)が発表されるほか、クリングルファーマがマザーズ市場に新規上場する。米国では12月ダラス連銀製造業景況指数の発表が予定されている。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均 26656.61 26905.67 16358.19

-11.74 2020年12月21日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物3月限 休場

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up