for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=上値重い、米ジョージア州上院決選投票を見極め

[東京 6日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い展開になる見通し。前日の米国株市場では主要3指数がそろって上昇。日本株市場も米株高の流れを引き継ぎ、堅調な動きが想定されている。ただ、102円後半までドル安・円高が進んでいるほか、米ジョージア州の上院選決選投票の結果を見極めたいとの思惑から、様子見姿勢が強まる可能性が高い。

日経平均の予想レンジは2万7000円─2万7400円。

5日の米国株は不安定な値動きとなる中、反発して取引を終えた。前日の下落を受けて買い戻しが入った。

ジョージア州では連邦議会上院の勢力図を決める2議席の決選投票が始まった。データサイト「538」の最新の調査によると、民主党候補がやや優勢とみられる。

きょうの日本株市場は米株高を好感し、日経平均は反発してスタートする見通しだが、円高が重しとなることに加え、米ジョージア州の上院選決選投票の結果を見極めたいとの姿勢から、様子見気分も強まりそうだ。

市場からは「今は2万7000円を固める動きとなっているようだ。だが、市場の関心が集まるジョージア州の上院選の結果が出るまでは、やや神経質な相場展開が続くのではないか」(東洋証券・ストラテジスト、大塚竜太氏)との声が聞かれた。

また、首都圏の1都3県を対象に週内にも緊急事態宣言が再発令される見込みで、「巣ごもり関連や半導体関連銘柄に再び買いが入るなど、選別物色も活発になりそうだ」(大塚氏)という。

主なスケジュールは、国内では12月消費動向調査(内閣府)が公表される予定。海外では中国で12月サービス部門PMI(財新)が、米国で12月全米雇用報告(ADP)が発表される予定。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      27158.63 27602.11 27042.32

-99.75 2021年1月4日 2021年1月4日

シカゴ日経平均先物12月限 27130(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up