for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=続伸、大規模な米経済対策期待で 戻り売りも

[東京 3日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。大規模な米経済対策などへの期待から前日の米国株市場で主要3指数がそろって上昇。リスク選好度回復の流れを引き継ぎ、日本株も堅調なスタートとなる見通しだ。ただ、2万8500円近辺では戻り売りが強まる可能性もある。買い一巡後は上値の重い展開が予想されている。

日経平均の予想レンジは2万8300円─2万8500円。

2日の米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。引け後の決算発表を前にアマゾン・ドット・コムやアルファベットが買われたほか、大規模な新型コロナウイルス経済対策への期待が追い風となった。

アマゾンとアルファベットはともに1%超上昇して引けた。このほかにも幅広い銘柄に買いが入り、S&P総合500種の業種別指数は軒並み上昇。金融は2.5%高となった。

日本株市場では、米株上昇の流れを引き継ぎ堅調な相場展開となる見通し。市場からは、「米国株市場も落ち着いた動きに戻り、投資家心理は改善している。日経平均も底堅い動きとなりそうだ」(三井住友DSアセットマネジメント・チーフマーケットストラテジスト、市川雅浩氏)との声が聞かれた。

ただ、前週末に日経平均は2万7600円台まで急落したことを受け、「2万8500円近辺では、個人投資家を中心とした戻り売りが出る可能性もある。利食いをこなしながら慎重に上値を追う流れになりそうだ」(市川氏)という。

主なスケジュールでは、国内で日立製作所、ソニー、丸紅などが決算発表を行う予定。また、若田部昌澄日銀副総裁が神奈川県金融経済懇談会で講演を行う。海外では、米国で1月ADP全米雇用報告、1月ISM非製造業景気指数が公表予定となっている。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均      28362.17 28979.53 16358.19

+271.12 2021年1月14日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物3月限 28475(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up