for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=堅調な展開、米株上昇受け戻りに弾み グロース株物色に

[東京 2日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開が想定されている。景気の先行きに対する楽観的な見方から米国株式市場が上昇し、これを受けて戻り足に弾みを加えそうだ。米市場では大型ハイテク株がリードしたことを映し、日本株もグロース系の銘柄を中心に物色されるとみられる。

日経平均の予想レンジは2万9400円─2万9900円。

1日の米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は初めて4000ポイントを上抜けた。マイクロソフトやアマゾン・ドット・コム、アルファベットなどが上値を追った。      

一方、米労働省が1日に発表した新規失業保険週間申請件数は予想外に前週から増加したが、米供給管理協会(ISM)発表の3月製造業景気指数は64.7と、1983年12月以来37年以上ぶりの高水準を付けた。

これらを手掛かりに、日本株は朝方から上値追いとなる可能性が高い。外為市場でドル/円が引き続き円安基調にあることも追い風となる。テクニカル面でも前日の日経平均は25日移動平均線を上回っており、基調の強さが確認された格好だ。

市場では「物色面では米国株の動向を映して、再び半導体関連を中心にグロース株が先導する形になるのではないか。バリューが駄目になったというわけではなく、循環物色によって全体の底上げが進むとみられる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれる。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      29388.87 30714.52 16358.19

+210.07 2021年2月16日 2020年3月19日

シカゴ日経平均先物3月限 29675(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up