for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=続伸後もみあい、ナスダック高でハイテク株を物色

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸の展開が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場でナスダックが1%超高となったことを受け、前日までにさえない動きとなっていた値がさハイテク株を中心に買い戻しが活発化するとみられている。ただ、日経平均はここのところ3万円に接近すると上値が重くなるため、買い一巡後は3万円近辺でのもみあいとなりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万9700円─3万0000円。

13日の米国株式市場はS&P総合500種が終値で最高値を更新し、ナスダック総合は反発した。ハイテク株の買いが膨らみ、株価押し上げに寄与した。米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種一時中止や米インフレ高進を巡る懸念は漂っているものの、株価を圧迫するには至らなかった。

現在のドル/円は109.00円近辺と、前日午後3時時点の109.70円近辺から円高に振れている。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は2万9830円(円建て)と前日終値から小幅高での推移となっている。日経平均は米株高を好感し続伸後、時間外取引での米株先物や為替のドル/円動向次第では、引き続き上値の重い展開が続くとみられている。

市場では「ナスダックの上昇を好感し値がさハイテク株は買われるだろう。米株先物は小幅高となったためきょうは大きな上昇は見込めないものの、年初来高値(3万0714円52銭=2月16日)の月内更新に向けた値固めの動きは継続するだろう」(新生ジャパン投資社長の前池英樹氏)との声が聞かれた。

主なスケジュールでは、国内で2月機械受注(内閣府)の公表、良品計画の企業決算を控えている。米国では3月輸出入物価(労働省)が公表されるほか、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェースがそれぞれ企業決算を発表する。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      29751.61 30714.52 27002.18

+212.88 2021年2月16日 2021年1月6日

シカゴ日経平均先物6月限 29830(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up