for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=反発、米株高を好感し買い戻し先行

[東京 6日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が見込まれる。前日までの下落が急ピッチだったこともあり、米株高を好感する形で、ひとまず買い戻しが先行しそうだ。ただ、海外での懸念材料はくすぶり続けており、買い一巡後は徐々に戻り待ちの売りが重しになるとも見られている。

日経平均の予想レンジは2万7800円─2万8400円。

5日の米国株式市場は反発し、主要株価3指数は軒並み約1%高となった。マイクロソフトやアップルがなどの大手ハイテク株が上昇し、グロース株の回復を主導した。市場では今週末に発表される米雇用統計に注目が集まっている。

東京市場で日経平均は、買い戻しが先行しそうだ。日経平均は7日間の続落で約2400円下げており、市場では「下げ過ぎのため、いったんは反動が見込まれる。500―600円の上昇があってもおかしくない」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成上席執行役員)との声が聞かれる。

ただ、米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和の正常化に向けた動きや、米国の債務上限問題、中国不動産大手の資金繰り懸念、エネルギー価格の高騰などリスク要因が複数くすぶっており、買い戻しの一巡後は戻り待ちの売りも想定される。「長期の上昇相場は継続するが、今月は自然体での調整期間になりそう」(秋野氏)との見方もある。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      27822.12 30795.78 26954.81

-622.77 2021年9月14日 2021年8月20日

シカゴ日経平均先物当限 28175(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up