for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=一進一退、米株高値警戒で上値追いには慎重

[東京 5日 ロイター] - 今日の東京株式市場で日経平均は、前日終値(2万9794円37銭=4日)近辺での一進一退の値動きが想定されている。米国株式市場で高値警戒感が意識される中、日本株は積極的に上値を追いづらい。今日は週末であることに加え、米雇用統計の発表を今夜控えているため、全体的に様子見ムードに支配される1日となりそうだ。

日経平均の予想レンジは2万9600円─2万9900円。

4日の米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック総合が上昇し、6営業日連続で終値ベースの最高値を更新した。米半導体大手クアルコムが3日発表した好決算を受け、半導体関連株が上昇した。

ダウ工業株30種は5日ぶりに反落し小幅安で終了。この日はJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスなど銀行株の下げが重しとなった。

現在のドル/円は113.80円付近と前日午後3時時点の114.19円から円高。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は2万9775円と前日の現物終値より小幅安の水準で推移している。今日は週末前の手じまいムードが広がりやすいため、朝方はシカゴ日経平均先物にサヤ寄せする形で小安く始まりそうだ。

ただ、米ナスダック高とフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が3.5%高と大幅高になったことは日経平均の値がさハイテク株の追い風となりそうだ。市場では「半導体企業は日米ともに堅調。全体的には動きづらいものの、ハイテクをはじめとする企業決算を材料視した物色は指数を下支えするだろう」(国内証券)との声が聞かれた。

主なスケジュールでは、国内でSUBARU、ホンダ、三菱商事、伊藤忠商事、JFEホールディングスなどが決算を発表するほか、米国で10月雇用統計(労働省) が公表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均      29794.37 30795.78 26954.81

+273.47 2021年9月14日 2021年8月20日

シカゴ日経平均先物当限 29775(円建て)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up