for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今日の株式見通し=もみ合い、3連騰後の利益確定売りが重し 欧州株高は支え

[東京 25日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみ合いの展開が想定されている。前日は米国市場が感謝祭で休場となり手掛かりを欠く中、前日までの3連騰を受けて利益確定売りが重しになりそうだという。一方、米利上げペース減速への思惑から株高となった欧州市場の動向が投資家心理の支えになり、綱引きが見込まれている。

日経平均の予想レンジは2万8200円―2万8500円。

前日の欧州株式市場は続伸し、STOXX欧州600種指数は8月18日以来の高値を更新した。前の日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が米利上げペース鈍化の可能性を示唆したことを受け、不動産株への買いが膨らんだ。米市場が休場だったため、薄商いだった。

日経平均は、前日までの3日間で500円弱上昇。足元では材料に乏しい上、週末とあって利益確定売りが出やすいという。一方、欧州株高のほか、米利上げペース減速への思惑も根強く、下値では押し目買いが支えになるとみられている。

市場では「前日は(プライム市場の)売買代金が3兆円を超え、買い意欲はありそうだ」(東洋証券の大塚竜太ストラテジスト)との声が聞かれる。ただ、年初からのレンジ上限付近でもあり高値警戒感もくすぶる。「一段高には材料不足」(大塚氏)という。

きょうは国内で11月東京都区部消費者物価、10月企業向けサービス価格指数の発表がある。米国ではブラックフライデーを迎え、年末商戦が本格化する。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均     28383.09 29388.16 24681.74

+267.35 2022/01/0 2022/03/0

5 9

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up