February 18, 2018 / 10:57 PM / 3 months ago

今日の株式見通し=続伸、円高一服で買い戻しが継続

[東京 19日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸となりそうだ。前週末の米国株は小動きだったものの、外為市場では円高が一服している。企業業績に対する警戒感が和らぎ買い戻しが先行するとみられる。今晩の米国株市場が休場となるほか、国内に手掛かり材料は乏しく、買い一巡後は為替にらみでの一進一退が予想される。

日経平均の予想レンジは2万1700円─2万2000円。

16日の米国株市場は、ロシア疑惑の再燃でダウが伸び悩み、ナスダックは小幅安で引けた。為替は一時1ドル105円台半ばまで進んだ円高が一服。106円台前半での推移となっている。シカゴの日経平均先物3月限(円建て)清算値は2万1875円、大阪取引所の夜間終値は2万1900円だった。週明けの東京市場は同水準を意識し、主力輸出株などに買い戻しが先行するとみられる。

決算発表シーズンが終了し、日中は手掛かり材料が乏しい。中国、香港市場が春節休暇で休場。今晩の米国株市場もプレジデンツデーの休場となるため、市場参加者が減少し売買代金は膨らみにくい。市場では「為替が106円台後半まで円安方向に振れれば日経平均も戻りを試す展開はありそうだが、2万2000円に接近すると戻り待ちの売りが増えるだろう」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との見方が出ている。日経平均ボラティリティ―指数.JNIVや為替にらみの値動きとなりそうだ。

主なスケジュールは、1月貿易統計(財務省)が発表される。海外で重要な経済指標の発表は予定されていない。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      21720.25 24129.34 18224.68

+255.27 2018年1月23日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物3月限 21875(円建て)

*内容を追加しました。

    河口浩一

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below